【藤沢市の造園と剪定・伐採なら】辻堂の植木屋 小林庭園

植木屋小林庭園は、神奈川県は藤沢市、辻堂を拠点に造園と剪定・伐採を行っています。

日々の生活の中で気がついたこと、印象に残ったこと、勉強になったこと等、記録しています。

季節ごとにオススメの施工も紹介しています。

◼︎ウェブサイト
【藤沢市の造園と剪定・伐採なら】辻堂の植木屋 小林庭園まで

スズラン??

鎌倉方面にて。

道端に咲いていたきれいな花。

スノーフレーク(別名スズランスイセン)と呼ばれる種です。

スズランによく似ていますが、花弁に緑色のポイントがあるので見分けは容易です。

スズランとは、分類上交配が可能とされる「科(か)」よりも上位の「目(もく)」から違うので、交配すら不可能なレベルで全くの別種です。

「目」から違うとはどういうことかと言うと、ネコとネズミぐらい違うということです。

ネコとライオンは「科」が同じですから、それよりは近い種と言えます。

パッと見は似ていても、全く違う種類ということがあります。

サンゴジュハムシ 1

・お宅にサンゴジュはありますか?
・葉がボロボロに食い荒らされてはいませんか?


それはサンゴジュハムシという虫の食害です。


サンゴジュハムシは幼虫・成虫ともにサンゴジュの葉を食害します。見た目が汚らしくなるだけでなく、あまり酷いと樹が弱って枯れてしまうこともあります。


↑ ↑ ↑
画像の中心あたり、割り箸ほどの太さの枝に、茶色い半球状のものが数個固まって着いています。


これがサンゴジュハムシの卵です。
正確には、卵をコーティングしたフンです。


サンゴジュハムシは、枝を齧って傷つけた後、そこに産卵し、フンをかぶせてコーティングします。


↑ ↑ ↑
こちらは、フンを剥がして20倍ほどの倍率で拡大したもの。黄色い球が卵です。
フンに守られていますから、暑さ寒さにも強く、この状態で薬剤を使用しても駆除はできません。


被害が酷い場合は、鉛筆程度の太さまでの新梢を全体に剪定しながら、このフンの塊を目視で探し、剪定で除去するのが効果的です。
産卵は春と夏の二回です。春は強剪定に耐えますから、徹底的に行い、夏は木も人間も弱りますから、ほどほどに行うのが良いでしょう。
また、ほどよく透かしておくことも大切です。
枝がつまってゴチャゴチャに混んでいると、虫がつきやすく、剪定はしにくく、卵は見つけにくくなります。


【藤沢・辻堂・茅ヶ崎で庭のお手入れなら】辻堂の植木屋 小林庭園