【藤沢市の造園と剪定・伐採なら】辻堂の植木屋 小林庭園

植木屋小林庭園は、神奈川県は藤沢市、辻堂を拠点に造園と剪定・伐採を行っています。

日々の生活の中で気がついたこと、印象に残ったこと、勉強になったこと等、記録しています。

季節ごとにオススメの施工も紹介しています。

◼︎ウェブサイト
【藤沢市の造園と剪定・伐採なら】辻堂の植木屋 小林庭園まで

台風対策

台風5号が接近しています。


関東の南側を通過する予報ですが、お庭、特に庭木における台風対策とはどのようなものがあるでしょうか。

その中でも今回は塩害について述べたいと思います。


小林庭園は、湘南は辻堂を拠点とし、海に近い地域を主な商圏としているため、塩害についても配慮する必要があります。

台風が海沿いの地域を通過すると、場合によっては5km以上内陸まで塩水(=強風で巻き上げられた海水)が運ばれ、庭木も塩水をかぶることになります。

一部の植物を除いて、植物は塩水に弱いです。浸透圧の作用で脱水されてしまうからです。切ったナスに塩を振ると表面に水が浮いて来ますが、それと同じ原理です。


そこでお庭を大切にされている方に是非やっていただきたいのが、真水をかけるという方法です。

台風が過ぎたらなるべく早く、ホース等で真水をかけて葉についた塩分を流します。

これだけで大切な庭木が「塩漬け」になるのをある程度防ぐことができます。


【藤沢・辻堂・茅ヶ崎で大切なお庭の管理なら】辻堂の植木屋 小林庭園

落葉樹の剪定は寒期に

落葉樹の剪定は寒い時期に、樹が落葉してから行いましょう。


以前、“「桜切るバカ」?”で触れた桜も剪定適期に入ります。


お庭によく見られるモミジやサルスベリは、この時期であれば多少強く切ることができます。


ウメ、サクラ、コブシ等は花芽を持っていますので、花芽を減らしたくない場合は、花が散り始める頃に剪定しても良いでしょう。


いずれも暑い時期に強く剪定すると弱ってしまうので、大きくなってしまって気になる樹は、春までに剪定を済ませることをオススメします。


【藤沢・辻堂・茅ヶ崎で剪定なら】辻堂の植木屋 小林庭園

危険木の伐採 1

危険木の伐採です。


このクスは幹が半分以上枯死しており、エントランスの構造物に幹が当たっており、電線や街灯にも干渉していました。


↑ 幹の枯死が確認できます。


↑ 幹が当たっています。


↑ 危険な部位を取り除き…


↑ 伐倒(切り倒すこと)です。


↑ 直径は約65cm、時計で言う4時から10時ぐらいまでの、幅15cm足らずの部分を除き全て枯死しているのがわかります。


このような状態の木を放置することは大変危険で、長年放置すればするほど危険性が増します。

立派な木を伐採するのは心苦しいことではありますが、人を死なせてしまったり、車、建物等を破壊してしまうなど、大事故が起きてからでは遅いのです。


【藤沢・辻堂・茅ヶ崎で伐採なら】辻堂の植木屋 小林庭園